+1-800-997-1228
ビザの情報

移民ビザとは何ですか?

移民ビザは、非移民ビザと関連する規制なしに住み、働くためにアメリカに移民することを外国人に可能とします。移民は、移民ビザのカテゴリーに合致することを証明できる場合、永住者となりグリーンカードが与えられます。移民ビザは家族関係、雇用、亡命、抽選ビザによります。

家族の移民ビザ(FB)

permanent green card

移民ビザは、アメリカ市民か合法の永住者の家族の支援により、クリーンカードを取得して、アメリカの永住者となります。アメリカ市民の直近の家族が移民である場合、家族ビザで取得できます。直近の家族は配偶者、未婚の21歳以下の子供、両親を含みます。

  • IR-1: アメリカ市民の配偶者
  • IR-2: アメリカ市民の21以下の未婚の子供
  • IR-3: アメリカ市民の外国の養子
  • IR-4: アメリカ市民により、アメリカで養子となった孤児
  • IR-5:21歳以上のアメリカ市民の親

ビザ申者がアメリカに既にいる場合、申請者は米国移民局(USCIS)により申請されます。第一に、直近のアメリカ市民の家族はI—130請願を申請する必要があります。USCISにより承認されると、申請者は1−130請願を申請します。これがUSCISにより承認されると、永住者となるため申請者はI−485請願を申請します。申請者は、アメリカ在住を望まない場合、国務省に申請書を出願しなければいけません。I−130が承認された後、申請書は国務省とナショナルビザセンターに送られます。申請者は、自国のアメリカ大使館または領事館にてインタビューを行う必要があります。

家族に好ましい移民ビザ

非親近のアメリカ市民の家族は、永住者となることがあります。非親近の家族は、21歳以上の未婚の子供、結婚した子供、アメリカ市民の兄弟を含みます。

  • 家族第一優先(F-1): アメリカ市民の未婚の子供、および未成年の子供
  • 家族第二優先(F-2):配偶者、未成年、および21歳以上の未婚の子供
  • 家族第三優先(F-3): アメリカ市民の既婚の子供、および彼らの配偶者と未成年の子供
  • 家族第四優先(F-4):アメリカ市民の子供、アメリカ市民の兄弟、彼らの配偶者と未婚の子供

直近の家族ビザと異なり、家族優先ビザには限度があります。F-1の限度は23,400ビザ、F-2は114,200ビザ、F-3は23,400ビザ、F-4は65,000ビザです。

非移民家族の申請プロセスは、直近家族と同様です。第一に、既にアメリカに住んでいる場合、I-485でビザの地位を調整します。アメリカ国外に住んでいる場合、申請者は国務省とナショナルビザセンターを通し、自国のアメリカ大使館か領事館でインタビューを行います。

多様な移民ビザプログラム(アメリカ抽選ビザ)

永住権ビザはアメリカ移民多様化ビザプログラムにより、外国人申請者に与えられます。 多様化移民ビザプログラムは、アメリカとの移民の歴史の少ない国からの移民に与えられます。

雇用移民ビザ

F外国人は、アメリカ自民になることが雇用移民ビザの承認で可能です。雇用移民ビザは、雇用目的のため、アメリカに移住する外国人労働者のためのものです。雇用移民ビザは、熟練労働者、非熟練労働者、投資家、他の特別労働者に利用可能です。USCISは約140,000人に雇用移民ビザを毎年取得させています。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。