+1-800-997-1228
ビザの情報

I−829 請願

I−829申請の要約

  • 条件付き永住権の条件削除
  • 認証をもって、投資家とその扶養家族は10年間居住できるグリーンカードを受け取ります。これは永続的に更新可能です。
  • 移民弁護士による申請
  • 3,750ドルの申請料金と85ドルの生体認証料金
  • I−829フォームのUSCISウェブサイト

I−829請願とは何ですか?

The I−829請願 は、EB−5ビザの最終段階であり、移民投資家がアメリカの合法的永住者となることができます。I−829請願 では、移民投資家が米国市民権移民業務局のEB−5プログラムの必須要件完全に満たしてなければなりません。 . I−829が承認されると、投資家’ の条件付き永住権の規制が解かれ、投資家と配偶者、その21歳以下の未婚の子供は、アメリカに永続的に住むことができます。

EB−5投資家は、2年間の条件付き永住権が終わる90日前から、USCISにI−829請願を申請することができます。申請者&rsquoの条件付き永住権は、I−829が処理される間、延長されます。I−829申請では、投資家’は、2年間の条件付き永住権の間の、21ヶ月から24ヶ月以内に申請しなければならず、そうしない場合、永住権を得ることが難しくなります。

I−829必須要件

EB−5投資家は、I−829請願で、証明する事項が多数あり、EB−5プログラムのすべての要件を満たさなければなりません:

  • 必須要件: 条件付き永住者カード

    証拠: 永住投資家’の永住者ガードのコピー、EB−5家族全員の永住者カードのコピー

  • 必須要件: 商業企業が設立された証拠

    証拠: 連邦税の還付

  • 必須要件: 資本投資を行った証拠

    証拠:財務諸表査定、銀行取引明細書、投資’資金受理の新たな商業証拠を示す他の証拠

  • 必須要件: 2年間の条件付き永住期間を通して、商業企業が維持された証拠

    証拠: インボイス、受領書、銀行取引証明書、契約書、ビジネスライセンス、連邦税の還付、州税の還付、 四半期所得申告

  • 必須要件: プロジェクトとビジネスプランで生じた雇用の必要数の証拠

    証拠: 賃金支払帳、税務書類

  • 必須要件: 生体認証サービス

    証拠:申請者は、USCISの生体認証を受けなければなりません。そこでは、申請者’の指紋と署名、写真がとられます

  • 必須要件:申請者に犯罪歴がある場合、法的書類の提出が必要です。

    証拠: 取締書類、逮捕履歴、刑罰歴、 保護観察または仮出所歴、他の犯罪歴に関する裁判所の記録

I−829申請

I−829申請者は、通常EB−5事項を扱う移民弁護士が準備し、提出します。I−829申請書は、USCISカリフォルニアサービスセンターに提出されます。申請料は3,750ドル、生体認証費用は85ドルです。I−829請願は通常、EB−5移民弁護士がサポートし、準備します。I−829申請の処理期間は、通常最低6ヶ月です。請願処理後に、USCIS の事務所で面接がおこなわれます。あるいは、他の情報が要求される場合もあります。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。