+1-800-997-1228
ビザの情報

DS-230申請

DS-230申請概要

  • 投資家と扶養家族に条件付き移民ビザをpermanent residencyアメリカ到着時に与えます
  • 海外のアメリカ大使館または領事館にて、申請者がEB-5申請書を記入
  • 移民弁護士により記入可能
  • アメリカ大使館または領事館でのインタビューが必要
  • このリンクはアメリカ国務省ウェブサイトへ

DS-230申請書とは何ですか?

アメリカ到着同時に貰うため、まだアメリカにいないEB-5 ビザ申請者I-526, EB−5ビザプロセスの第三段階の間の条件付き永住権を入手するDS-230を申請する、外国企業による移民請願。アメリカに既にいるEB-5投資家であれば、私たちのForm I-485, 永住登録の申請をご覧ください。

DS-230は、海外のアメリカ大使館または領事館により処理され、EB-5投資家が申請します。条件付き市民権の地位は、DS-230が承認され、アメリカに扶養家族が移住することを可能とした後、EB-5投資家に与えられます。EB-5移民弁護士は、DS-230申請を援助します。

ビザ申請者は、DS-230申請に関する生体認証情報を与えます。処理の第一部は、アメリカ大使館または領事館により、領事館職員の出席の下に完成され、申請者により完成され提出されます。DS-230申請の第一部は、標準生体認証情報の収集です。申請者は、あらゆる以前の居住地、過去10年の職歴、兵役情報を提出しなければなりません。

DS-230申請の第二部は、アメリカ大使館または領事館にて、インタビューの間に完成されます。申請のこの区間は、職員の助手により完了します。申請者は、結婚証明書、出生証明書、パスポートといった書類をDS-230のインタビューに持参することが要求されます。インタビューが終わった後、申請は完了してサインします。他のケースでは、DS-230申請者が永住者となる際、EB-5投資家を伴う家族は、各家族の者により申請されなければなりません。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。