+1-800-997-1228
EB5 Investors

EB-5 用語集

会計士 (English: Accountants):会計士は、財務記録を管理し、会計および税務報告書を作成します。会計士は、多くの場合、EB-5プロジェクト、またはI-829段階において地域センターが条件を満たしているEB-5経費を追跡する支援をします。このように、会計士はI-526、I-829、およびI-924申請に必要な証拠を準備する支援をすることができます。

適格性アンケート (English: Accreditation Questionnaire): EB-5投資候補者は、多くの場合、適格投資家であることを断言して、これにより、EB-5プログラムの参加者として一定の米国証券法の免除資格があることを主張するために適格性アンケートを回答しています。

適格投資家 (English: Accredited Investor): 適格投資家はヘッジファンド、エンジェル投資、リミテッド・パートナーシップといったリスクの高い投資をする資格があります。100万ドル以上の純資本がある場合、適格投資家としての指定を受けることができます。過年度において、未婚者として20万ドル以上、または既婚者として30万ドル以上を稼いだ場合は、適格投資家になる資格があります。

生体認証 (English: Biometrics):殆どのビザ申請者は、生体認証サービスを受けなくてはなりません。生体認証は、米当局がビザ保有者を特定することを可能にするために情報を集めます。生体認証サービスは、申請者の指紋採取、写真撮影および経歴調査が一般的です。

ビジネスプランライタ (English: Business Plan Writers)は、EB-5申請に使用するホー判決 (AAO判決) の条件を満たしたビジネスプランの作成を支援します。

カリフォルニアサービスセンター (English: California Service Center):全てのEB-5プログラム申請は、ラグナニゲルカリフォルニアのUSCISサービスセンターで処理されます。

条件付永住者 (English: Conditional Permanent Resident)条件付永住者は、グリーンカードを取得したが、居住に制限がある永住者です。EB-5投資家は、I-485またはDS-230の承認後、2年間条件付永住者になります。投資家は、この2年間の条件が終了する日付から90日以内に永住権の申請をしなければなりません。

領事館手続 / DS-230 (English: Consular Processing / DS-230): DS-230の移民ビザおよび外国人登録申請は、有効な非移民ビザの在留資格で米国に滞在しておらず、1-526請願が承認されているEB-5投資家により提出されます。この手続きは、一般的に「領事館手続」として知られています。申請者のI-526が承認された後、USCISは、申請者の記録を米国務省の管轄にあるナショナルビザセンターへ発送します。記入済みの申請書やその他の申請書類は、ナショナルビザセンターにより申請者の母国にある米国領事館または大使館に送られます。領事館手続をする申請者は、移民ビザが発行されるために対面面接を受けなくてはなりません。移民ビザの発行をもって、申請者および扶養家族は、米国の入国が許可されます。永住資格は、米国に入国した日に開始し、移民ビザで入国した直後に申請者にグリーンカードが郵送されます。

企業弁護士 (English: Corporate Attorney): 企業証券弁護士は、EB-5投資プロジェクトの構築を助け、投資家が米国証券取引委員会と証券に関する問題に直面しないことを保証します。

国務省 (English: Department of State):国務省は、アメリカの国際関係の維持に責任があります。国務省は、世界中にある全ての大使館と領事館の運営を監督します。EB-5ビザ申請手続の過程でDS-230申請書を提出する場合、これを国務省に申請しなくてはなりません。

直接エクイティモデル (English: Direct Equity Model):投資家は、企業が雇用を創出するプロジェクトに資本投資をする代わりに、既存するプロジェクト会社のエクイティを受け取ります。

直接雇用 (English: Direct Jobs): 地域センター以外のプロジェクトにおけるEB-5投資は、2年間フルタイムとして米国の雇用者10名を直接雇用しなくてはなりません。直接雇用とは、EB-5投資を受ける営利企業の活動範囲において特定できる雇用を直接創出した雇用です。直接雇用は、個人投資または地域センタープロジェクトを通して創出することができます。

移民多様化ビザ抽選プログラム (English: Diversity Visa Program): 移民多様化ビザ抽選プログラムは、米国抽選永住権の別名でも知られ、米国への移民率が低い国々からの移民者を対象に年間5万件のビザを取得できるようにしています。申請者は、抽選にオンラインで申請し、コンピュータプログラムがランダムにビザ申請者を抽選します。

デューディリジェンスアンケート (English: Due Diligence Questionnaire): EB-5投資候補者は、多くの場合、米国の事業体に投資する前にデューディリジェンスアンケートを回答します。このデューディリジェンスアンケートは、投資家が投資および投資を受け取る事業のプロジェクトを徹底的に調査したことを証明します。

EB-5雇用創出の条件 (English: EB-5 Job Creation Requirement): EB-5ビザ申請者は、米国において最低10件のフルタイム雇用を維持または創出しなくてはなりません。これらの雇用は、投資家が条件付永住者になってから2年以内に創出または維持する必要があります。

EB-5プログラム (English: EB-5 program): EB-5プログラムは、投資家が米国企業に投資することで、永住権(「グリーンカード」)を取得することを可能にします。雇用ベース移民(第5優先権)は、本プログラムの資格として一般的に50万ドルまたは100万ドルを投資しなくてはなりません。申請者の投資は、2年間のフルタイム雇用10件の創出に直結しなくてなりません。プログラム終了後、EB-5投資家は、未婚で21歳以下の子および配偶者が米国で永久に滞在および就労することができます。

EB-5プロジェクト (English: EB-5 Project):EB-5投資を受ける個人事業は、EB-5プロジェクトと言います。投資家は、米国における事業の投資またはEB-5地域センターに管理されるプロジェクトに投資することで個人のEB-5プロジェクトを立ち上げることができます。

EB-5地域センター移民投資家パイロットプログラム(「パイロットプログラム」) (English: EB-5 Regional Center Immigrant Investor Pilot Program): このプログラムは、1990年に議会により設立され、地域センターのコンセプトを採用しました。EB-5として呼ばれるこのプログラムは、外国資本投資および雇用の創出を通して、アメリカ経済を活性化させるために作られました。

EB-5地域センター (English: EB-5 Regional Center):地域センターは、雇用の創出、地域の生産性、国内の資本投資および経済成長を促進させる民間または公共経済の事業体です。EB-5請願の約90-95%は、USCISが指定する地域センターを通したものです。

経済専門家 (English: Economists): 経済専門家は、RIMS II、IMPLAN、REDYN、REMIおよびその他に許容できる経済モデルを通した直接および誘発雇用の創出を立証する支援をします。経済専門家は、多くの州当局がTEA指定を受けるための支援をします。

雇用ベース移民ビザ (English: Employment Based Immigrant Visas): 雇用ベース移民ビザは、アメリカ永住権を諸得する権利を外国人労働者に与えます。雇用ベースの優先権カテゴリーの対象として次の例が挙げられます。(1) EB-1:特殊能力があり、傑出した研究者または教授、国際的な経営者または幹部。(2) EB-2:大学院の学位を取得または専門性があり、米国の国益になる移民労働者。(3) EB-3:学士号またはそれ相応の職務経験を有する専門家。(4) EB-4:宗教関係者および専門性を有する移民労働者。(5) EB-5:移民投資家のEB-5ビザ。

雇用ベースビザ (English: Employment Based Visas): 雇用ベースビザは、外国人労働者に米国の永住権を取得することを可能にします。雇用ベースビザの例として、専門性を有する労働者のEB-1ビザ、大学院の学位または専門性を持つ外国人労働者のEB-2ビザ、専門家のEB-3ビザ、特別労働者のEB-4ビザ、外国人投資家のEB-5ビザです。

既存事業の拡大 (English: Expansion of Existing Business): 既存事業の新たな投資によって純資産または従業員数を40%以上増加させることができる場合、EB-5投資を受ける資格がります。

家族優先移民ビザ (English: Family Preference Immigrant Visas): 家族優先移民ビザは、米国民の血縁関係がない家族向けです。家族優先移民ビザの資格者は、米国民の年齢を問わない既婚の子、兄弟姉妹、および21以上の未婚の子です。家族優先移民ビザの例としては、未婚の子のF-1ビザ、既婚の子のF-3ビザ、兄弟姉妹のF-4ビザがあります。

資金モデル (English: Fund Model): 投資家は、雇用を創出するプロジェクト会社の債権またはエクイティに資本投資する代わりに、新たな投資資金のエクイティを受け取ります。

ジェネラルパートナー (English: General Partner): 事業体の管理権を所有し、行為が他方当事者に法的拘束力があり、事業体が累積した負債の責任を負う事業体の所有者です。

グリーンカード (English: Green Card): 法律に基づいた米国永住者カードの口語表現です。有効なグリーンカード保有者は、米国で永住的に居住および就労することができます。

H1Bビザ (English: H1B Visa): H1Bビザは、外国人労働者が米国の企業で働くために移住を可能にします。申請者は、H1Bビザの資格を取得するには、法律、コンピュータープログラミング、科学、エンジニアリングなどの専門的な業界で働く必要があります。

I-485 (English: I-485): 永住権登録または在留資格の変更を行うI-485申請は、米国に在住する承認を得たEB-5申請者および扶養家族により申請されます。I-526請願が承認されてから、I-485をUSCISに提出することができます。承認後、I-485は、投資家および扶養家族に2年間有効である条件付グリーンカードを取得できるようにします。

I-526 (English: I-526): 外国人起業家によるI-526移民請願は、EB-5申請者がUSCISに最初に申請する申請書です。この請願書は、EB-5申請者がプログラムの資格があることを証明する証拠を含みます。承認後、このI-526は、投資家、配偶者、および未婚の21歳未満の子が永住権を申請する基礎となります。 

I-829 (English: I-829): 起業家の条件を外すためのI-829請願は、EB-5ビザ申請者がUSCISに申請する最後の請願書です。I-829は、移民投資家が当初のI-526申請書に含まれる事業計画書および経済報告書(地域センターの請願の場合)の全ての条件を満たしていることの証拠を含める必要があります。I-829の承認後、EB-5投資家、配偶者、21歳未満の子が法律に準拠した永住者になれるために、申請者の米国における全ての居住条件を外します。

I-924初期申請 (English: I-924 Initial Application): 移民投資家パイロットプログラムの下に置かれている地域センターへの申請です。

I-924A修正申請 (English: I-924A Amendment Application): I-924申請書の追加書類です。この修正は、ある地域センターがUSCISの資格条件を維持していることを証明します。

直近家族移民ビザ (English: Immediate Relative Immigrant Visas): 直近家族移民ビザは、米国民の両親、21歳未満の未婚の子および配偶者のためのものです。直近家族移民ビザの例として、米国民の配偶者のIR-1ビザ、未婚の子のIR-2ビザおよび両親のIR-5ビザがあります。

移民ビザ (English: Immigrant Visa): 外国人が米国永住者になるのを可能とするビザの分類。移民ビザは以下に基づいて発行されます:

  • 家族関係
  • 雇用
  • 多様化ビザ抽選
  • 亡命

1990年移民法 (English: Immigration Act of 1990):米議会による1990年移民法は、米国移民制度に多くの改革をもたらし、EB-5移民投資家プログラムがまず導入されました。

移民弁護士 (English: Immigration Attorneys): 移民弁護士は、申請者の米国ビザ取得の支援をします。ビザ申請に不可欠ではないですが、移民弁護士は、多くのビザカテゴリーにおけるビザを取得する支援をします。移民弁護士は、USCISまたは米国務省へ提出する全ての申請書の作成および申請を支援します。

間接雇用 (English: Indirect Jobs): 間接雇用は、EB-5地域センターに投資する場合、EB-5プログラムの雇用創出条件を補う雇用として計算することができます。間接雇用は、地域センターと間接的な関係を持つ営利企業またはEB-5投資の結果として創出した雇用のことを言います。

誘発雇用 (English: Induced Jobs): 誘発雇用は、地域センターを通した投資である場合、EB-5の雇用創出条件を補う雇用として計算することができます。誘発雇用は、EB-5プロジェクトの雇用者が、EB-5プロジェクトの地域コミュニティー内において製品およびサービスを購入することによって創出する雇用のことを言います。

投資 (English: Investment): 企業または組織の事業目的を促進させる投資資金です。

J-1ビザ (English: J-1 Visa): J-1ビザは、就労および交換留学プログラム参加者に一時的に入国を可能にします。J-1ビザ所有者が参加できるプログラムには、学業、政府、または民間セクタープログラムがあります。

有限責任会社 (English: Limited Liability Company): 企業で発生する全ての債務を所有者が個人としての有限責任を負うビジネス構造です。有限責任会社は、マネジメントの柔軟性があります。

リミテッド・パートナー (English: Limited Partner): 投資の割合に基づいて負債の有限責任を負うパートナーシップ関係にある事業体のメンバーです。

リミテッド・パートナーシップ (English: Limited Partnership): 一人以上のリミテッド・パートナーおよびジェネラル・パートナーがいるビジネスパートナーシップ。

ロビイスト (English: Lobbyists): EB-5ロビイストは、EB-5プログラムの利益について、アメリカの政治家に伝えます。ロビイストは、EB-5ビザプログラムを向上させる法案を通過させるよう、政治家に働きかけます。EB-5ロビイストは、議会により常にEB-5プログラムが更新されることを確かにするために働きかけます。

マーケティング/移民代理人 (English: Marketing/Migration Agents): 移民代理人は、EB-5申請者を支援する専門家です。移民代理人は、一般的に申請者の母国で働き、申請者にどのビザが最適であるかを検討するのを支援します。移民弁護士はまた、EB-5申請者にEB-5投資の機会を発見する支援をします。

ナショナルビザセンター (English: National Visa Center): 米国移民局(USCIS)は、ナショナルビザセンター(NVC)を通してビザ申請を処理します。NVCは、ビザ申請者により提出された証拠とビザを収集します。NVCは、米国大使館および領事館に情報を提供し、米国大使館または領事館での面接時に情報を入手できるようにします。

帰化 (English: Naturalization): 帰化は、米国民になる個人の手続きです。EB-5申請者は、最初のグリーンカードの発行の5年後、帰化の資格があります。申請者が帰化手続を完了させるには、N-400を申請し、生体認証サービスを受け、高い道徳観念を養っており、滞在条件及び英語力の条件を満たし、米国の公民の試験に合格しなくてはなりません。

新たな営利企業 (English: New Commercial Enterprise): EB-5投資は、1990年11月29日以降に創られた営利事業に投資しなくてはなりません。4種類のEB-5投資があります: これらは、経営困難に陥った既存の企業の救済、新たな企業に変化できるように既存の企業の再編、既存の企業の拡大、または完全に新たな事業の創出です。

非移民ビザ (English: Non-immigrant Visa): 移民が一時的に米国に滞在するのを可能にします。非移民ビザは、訪問者ビザ、観光ビザ、学生および交換プログラムビザおよび一時就労ビザがあります。

永住者家族ビザ (English: Permanent Resident Family Member Visa): 永住者家族ビザは、永住者の家族に発行されます。永住者家族ビザの資格がある家族は、永住者の未成年の子、21歳以上の未婚の子および永住者の配偶者が含まれます。永住者家族ビザの例として、F-1ビザがあります。

プレミアム・プロセシング (English: Premium Processing):プレミアム・プロセシングは、高額な費用を支払う申請者の一定のUSCIS申請の判定を早めます。USCISは、手続費用の形態がI-924申請に盛り込まれる予定ですが、未だに導入されていません。

目録見書(PPM) (English: Private Placement Memorandum (PPM)): 目録見書は、EB-5地域センターや投資家などが資本を求める為に作成する資料です。PPMは、投資家が特定の事業に投資する要件および潜在する財務上のリスクの概要を描いたレポートです。PPMは、投資中、問題が生じた場合、投資を受けた企業を守ります。地域センターの指定を受けたい企業は、USCISにPPMの見本を提出しなくてはなりません。

プロジェクト所有者 (English: Project Owners): EB-5プロジェクトの主任マネージャーです。プロジェクト所有者は、可能性のあるビジネスプロジェクトに資金を提供するEB-5投資家を常に探しています。

地方 (English: Rural Area): 最低20,000人の人口を持つ町または市の外部にあり、10年毎の調査により指定された地域です。または、行政管理予算局の大都市統計地域外の地域です。

SEC (English: SEC): 証券取引委員会は、株式およびオプション取引並びに証券産業を規制する米国の連邦機関です。証券規制は、EB-5に次のような影響を与えます: 証券を公募する過程において開示しなくてならない情報、地域センターまたは資金をSECまたは同等の州当局に登録しなくてはならない条件、ならびにEB-5投資のマーケティングおよび売却方法。

証券 (English: Securities): 証券は、金融資本を示す金融商品です。証券の例として、デリバティブ契約、エクイティ証券および債権があります。証券は、証券取引委員会(SEC)の厳重な規制対象となります。EB-5投資は、EB-5申請者が適格投資家としての認定を受けていない場合、SECの厳しい監視を受けることがあります。

資金源 (English: Source of Funds): EB-5投資家は、投資資金源が合法な資金源であることを証明する証拠を提出しなくてはなりません。

学生と交換プログラムビザ (English: Student and Exchange Program Visas):学生と交換プログラムビザは、外国人が交換プログラムに参加するために米国に滞在することを可能にします。学生と交換プログラムビザには、学生のF-1ビザ、文化および教育交換プログラムのJ-1ビザおよび職業プログラムに参加する者に与えられるM-1ビザがあります。

サブスクリプション契約 (English: Subscription Agreement): SEC資料には、サブスクリプション契約、リミテッド・パートナーまたは有限責任会社契約および目論見書が一般的に含まれます。リミテッド・パートナーまたは有限責任会社の一員になるには、組織に申込む必要があります。申込者は、サブスクリプション契約に含まれる全ての条件に同意し、有限責任会社の業務執行社員またはリミテッド・パートナーのジェネラル・パートナーの副署名が必要です。

TEA (English: TEA): ターゲット雇用地域(TEA) は、EB-5投資合計額の条件が少なくなる対象地域です。TEA対象地域にある企業に投資する場合、通常の100万ドルの投資ではなく、50万ドルで投資額の条件を満たすことができます。TEAは、高失業率または地方の地域にあります。

一時就労ビザ (English: Temporary Worker Visa): 一時就労ビザは、一定期間ビジネスのため米国に入国する労働者に与えられます。一時就労ビザの例として、 特別専門家のH1Bビザ、季節的農業労働者のH2Aビザ、非農業一時的労働者のH2Bビザ、アメリカに転勤するLビザなどがあります。

資金の追跡 (English: Tracing of Funds): EB-5ビザ申請者は、資本投資資金が合法な資金源であることを証明しなければなりません。申請者は、多くの場合、資金の合法性を証明するために納税記録、ビジネス資料や財務書類の提出が必要になります。USCISは、資金の追跡に関する証拠書類の条件が非常に厳しい状況であり、EB-5ビザ申請手続を遅らせる場合もあります。

困難に陥った企業 (English: Troubled Business): 創業から2年経過し、投資家のI-526優先日の1~2年の間に純損失を出した企業です。

米国民 (English: US Citizen): 米国民には、主に2つのカテゴリーに分けられます。誕生時に永住権を得る場合と、帰化手続で永住権を取得する場合です。米国民の両親の下または米国の管轄権がある領土で生まれた者は誕生時に米国民になります。誕生後に市民権を取得するには、帰化手続が必要です。米国民は、投票権を得て、連邦政府の仕事に募集したり、選挙に出馬するなどの特典を享受することができます。

米国永住者 (English: US Permanent Resident): 米国永住者は、米国で永久に滞在および就労することを認めるグリーンカードを取得した移住者です。EB-5投資家は、I-485、在留資格の変更申請の承認、もしくは領事館手続時において発行される移民ビザで入国した場合、条件付永住者資格を与えられます。条件を外すためのI-829請願の承認後、永住資格を取得します。

USCISのEB-5決議委員会 (English: USCIS EB-5 Decision Board): I-924申請や企業が地域センターの指定を受けるかどうかを判断するUSCISの専門家を集めた委員会です。委員会は、経済専門家、弁護士およびUSCIS審査員で構成されています。

USCIS (English: USCIS): 米国移民局(USCIS)は、殆どの米国ビザの処理および管理責任がある米国連邦機関です。USCISは、国土安全保障省傘下の機関です。USCIS は、EB-5移民投資家プログラムを規制します。

訪問者ビザ (English: Visitor Visa):訪問者ビザは、外国人が米国に一時的に滞在することを可能にします。訪問者ビザには、商業を目的として米国を訪問するB-1ビザならびに病院での治療または観光目的として米国を訪問するB-2ビザがあります。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。