+1-800-997-1228
EB-5の基礎

アメリカ市民権

アメリカ市民にどのようになれますか?

アメリカ市民になる方法は2種類あり、それはアメリカで生まれるか、帰化でアメリカ市民となる方法です。

アメリカで生まれた市民になるには、アメリカ合衆国内またはアメリカ管轄地で生まれる必要があります。誕生時にアメリカ国民の一人以上の親がいる場合、その資格があります。アメリカ市民として生まれなかった場合、米国移民局(USCIS)を通した帰化が必要です。

EB−5visaプログラムを通して市民権を得る外国人は、条件付き住民の地位の受領5年の90日前に、アメリカ市民権に出願できます。

アメリカ市民権の利益

アメリカ市民権 benefits

アメリカ市民になることで、多くの利益があります。市民は連邦、州および現地の選挙権があり、非市民なら選挙権はありません。また、家族をアメリカに呼ぶことが早くできます。アメリカ外で生まれた子供でも、アメリカ市民に自動的になれます。市民は、外国を旅行中でも、アメリカ政府の援助を受けることができます。アメリカのパスポートを持つことで、アメリカ市民はビザのいらない多くの国に行くことができます。自国の市民から雇用するため、多くの政府機関は市民が連邦の仕事に就くことができます。また、世界一級の教育を受けることができ、州民の費用で入学できます。最後に、市民権は選挙による地位には必須なため、そのような職に就く資格があります。

アメリカ市民権の利益

  • 投票権
  • アメリカに家族を連れてくることが早くできる
  • 子供へのアメリカ市民権の拡大
  • アメリカパスポートでの旅行の権利
  • 安い費用で高等教育を受けることが可能
  • 連邦の職に就くことが可能

アメリカ市民の義務

アメリカ市民にはいくつかの義務があります。すべての帰化したアメリカ市民は忠誠の誓いをたてなければなりません。誓いにより、帰化プロセスには憲法に誓い、アメリカ法律に従い、必要な際にはアメリカに仕え、宣誓の誓いが必要です。アメリカ市民は、陪審員となることもあります。男性アメリカ市民で18歳から25歳は、徴兵制に登録することが必要です。帰化したアメリカ市民は、アメリカの寛容と敬意持ち、政治に加わることが勧められます。アメリカ市民は、現地、州および連邦税を支払う義務もあります。

アメリカ市民の義務

  • 宣誓の誓いの暗唱
  • 必要であれば陪審員への参加
  • 現地、州および連邦税の支払
  • 徴兵制への登録

帰化プロセス

個人がアメリカで生まれておらず、両親が非アメリカ人の場合、市民となるため帰化プロセスが必要です。帰化は移民国籍法(INA)の必要要件に全て合致する申請者に、与えられます。以下の条件に一つ合致する場合、帰化プロセスの資格があります:

  • 個人は永住者として5年以上の身分があり;
  • アメリカ市民、配偶者として3年以上永住者であり、また; or,
  • アメリカ軍従事している

市民権を得るために、申請者は帰化のフォームN—400申請書をUSICSに提出しなければなりません。申請書には、個人は道徳的な人格であることを証明し、犯罪歴を開示しなければいけません。N—400申請者と個人は、帰化の必要要件に合致する必要があります。申請料は595ドルと追加の生体認証の85ドルが必要です。生体認証は、写真と身元調査を含みます。しかし、14歳未満と79歳以上の者は、生体認証の必要はありません。N—400のプロセス時間はUSCISの場所によって異なりますが、生体認証は通常4ヶ月から6ヶ月かかります。N−400申請が処理されると殆どの申請者はインタビューと英語、公民の試験の合格が必要です。認定されると、そのような市民は宣誓の誓いの式の日程を受け取り、帰化証明書を受け取ります。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。