+1-800-997-1228
EB-5の基礎

ターゲット雇用エリア

ターゲット雇用センター(TEA)でのEB-5 プロジェクトは、EB-5投資家にとって重要となり、EB-5プロジェクトがターゲット雇用エリアで行われる場合、必要なEB-5投資額は1万ドルから 500,000ドルです。TEAとして承認されるため、EB-5プロジェクトは高い失業率の場所または田舎でなければなりません。 ターゲット雇用エリアは、EB-5投資とI-526 請願内にて必要となります。地域センターで投資する場合、TEAのプロジェクト場所を教えられます。

TEA 周辺地域とは何ですか?

EB-5 targeted employment areas

特別の基準があり、 EB-5 プロジェクトの場所は、行政管理予算局により認定された、都会の統計的に都会ではない田舎でなければいけませ。行政管理予算局は、アメリカ国勢調査を通して決定された、200,000人の住民の町や市の郊外であってはなりません。プロジェクトの場所がEB-5投資の際に田舎であった場合、それはTEAと看做されることもあります。

TEA 高失業率地域とは何ですか?

EB-5プロジェクト場所は、高失業裏のためTEAを受け アメリカの平均失業率を150%超えなければなりません。高失業率地域は、20,000人以上の住民であり、統計上地方または都会でなければいけません。EB-5 プロジェクトは、EB-5投資がなされる際に、中心地が高失業率の場所である場合、TEA指定を受けることが可能です。

TEA 指定を受ける方法

ターゲット雇用エリアの認定は、I-526申請の一部として認定されなければなりません。EB-5ビザ申請は、USCISにTEA指定を提出し、高失業率または田舎でのプロジェクトという十分の証拠を供給する必要があります。TEAにて管理されるEB-5投資を証明するため、証拠が必要です。必要な十分なTEA指定書類は以下を含みます:

  • Contacting the U.S. 労働統計局の地域失業率統計(LAUS)に連絡し、出版されている技術概要書を入手
  • 田舎または高失業率の地域に提供するため、政治団体から手紙を入手
  • 他の統計書類の提出

EB-5投資が1万ドルである場合、州によるTEA指定過程の介入の必要はありません。しかし投資が500,000ドルである場合、州の介入あるかもしれませんが、不可欠ではありません。TEA指定は、一つか二つの方法に従います:

  1. USCISを通したTEA指定 USCISによる指定は、国の平均150パーセント以上の失業率の場所に投資する、新たな商業企業の場所(上記が例)の例を提出する必要があります。

  2. 州政府によるTEA指定申請は、高い失業率地域と指定された場所にある、新たな商業団体から生じる権限のある州政府機関から手紙を入手できます。

指定されたTEA

州によっては、(以下に記載された)特定のターゲット雇用エリアのリストを提供しますが、証明書は個人のケースで異なります。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。