+1-800-997-1228
EB-5の基礎

EB−5プログラムの歴史

EB−5としてより一般的に知られる、移民投資家プログラムは、アメリカ議会1990年移民法 (IMMACT90)によって作られました。これは、アメリカ移民システムを大きく再構築し、非移民ビザのカテゴリー、追放規制、増加する合法移民の制限の変更がありました。 アメリカの商業団体に投資した後、永住的にアメリカに住居、就労できる機会を外国起業家に与え、アメリカ経済を刺激するEB−5プログラムが議会により設立されました。1993年、議会はEB−5ビザプログラムの利益を上昇させる、移民投資家パイロットプログラムを創設しました。EB−5地域センター地域センターは、EB−5投資の管理と職の米国移民局(USCIS)からの特別指定を受ける、ビジネスセンターです。

1990年代のEB−5 ビザ改革

1990年代後期にEB−5プログラムの大規模な見直しが行われました。これらの変更は、緩慢な規制の施行と不正なEB−5投資の発見が引き金となって始められました。連邦地方裁判所におけるアメリカ政府対コナー裁判の判決により不正なEB−5計画が暴露されました。USCISの要請ユニットである行政不服室 (AAO)は、1998年EB−5必要要件を変更しました。この変更により、投資家はEB−5への投資金が合法的に調達されていること、そして投資家はEB−5プロジェクトに個人的に関与していることの証拠の提出を必要とし、投資収益率の保証を禁止しました。USCISは以前のEB−5のケースへも新たな規制の適用を試みましたが、アメリカ政府対チャン裁判判決により、この行為は違法となりました。この新たな規制が制定されてからは、EB−5申請者の数は大きく低下しました。

AAO は、EB−5の規制が新たな申請者に一様に適用されることを保証し、ホー訴訟、シン訴訟、イズミ訴訟、ソフィシ訴訟の1990年代における4件の重大な判決例を作りました。これらの判決例は現在のEB−5申請にも適用されていて、AAO はの重大の決定を作り、法的な投資金調達の資格や当資金の管理法などについてEB−5投資投資を行う商業団体を含む、プログラムの必要要件に関する判決を出しました。

2000年代のEB−5ビザ改革

議会はEB−5プログラムを再び活性化させるため、2003年基本パイロットプログラムの延長および拡大法を可決させました。この法律に従い、GAO会計検査院(GAO)によるEB−5ビザプログラムの調査が必要となりました。この調査からEB−5プログラムに割り当てられている毎年10,000のビザのうち一部しか実際には授与されていない事実が明るみにでました。この発見からプログラムの改革が促され、そのうちの一つとして、投資家及び地方センターユニット(IRCU)2005年が2005年に創設されています。このUSCISの専門ユニットは、事象の査定、フォームのデザイン、規制の開発、および方針の構築を含む、EB−5プログラム全体の監視を行っています。IRCUの創設によってEB−5プログラムの管理、信頼性が向上しました。

EB−5ポリシーにおける変更

USCIS は2009年にEB−5方針ガイドラインの改訂を発行しました。USCISは、それまでカリフォルニアとテキサスの二カ所で行われていたEB−5プロセスをカリフォルニアサービスセンター(CSC)に中央化させました。EB−5プログラムは、まだ永続にはなっていないものの、再び権限が与えられました。2009年、オバマ大統領は2012年9月30日まで、EB−5移民投資家パイロットプログラムを延長し、また、2015年まで移民投資家パイロットプログラムを延長する、3年間の延長を2012年9月28日に決定しました。

このトピックに関する更なる情報はフレデリック・ボイトマン著、USCISはEB−5ををどのように向上できるかをご覧ください。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。