+1-800-997-1228
EB-5の基礎

EB−5の段階的取得方法

EB−5 プログラム永住権(グリーンカード)の取得方法

EB5ビザプログラム投資家が、アメリカ永住者となるためには、一般的に4段階のステップを踏まなければなりません。。これら段階が完了すると、EB−5投資家、その配偶者、21歳未満の未婚の子供は、アメリカ永住者となります。永住権を取得したのち5年経過すると、アメリカ市民となる選択肢が用意されています。

第1段階: EB−5プロジェクトの場所

Locating an EB-5 Project

EB−5 申請者はまず、投資するビジネスを見つけなければなりません。EB−5ビジネスプロジェクトは、一般的に、新設商業企業か地域センタープロジェクトの形態をとります。海外移民代理人が、EB−5投資家のために、ニーズに合ったプロジェクトを見つけてくれます。申請者はまた、EB−5を進めるために、投資収入必須要件を満たしていることを確認しなければなりません。

第2段階: 資本投資とI—526請願

File Form I-526

投資プロジェクト選出後、申請者はそのプロジェクトで必要な資本投資額を用意しなければなりません。雇用生成ターゲットエリア内(TEA)の投資では100万ドルまたは500,000ドルが必要です。これらの投資は、エスクロー口座に入ります。その後、移民弁護士が、投資証明を提供し、I—526請願を米国市民権移民業務局に提出します。米国市民権移民業務局は、12ヶ月から18ヶ月後に、I—526請願が受領されたかどうか、申請者に通知します。

第3段階: 2年間の条件付き永住権

Two Year Conditional Residency

EB−5申請プロセスの第3段階は、2年間の条件付きでアメリカの居住者となることです。EB−5投資により資金のあるプロジェクトを履行できます。EB−5投資家はUSCISによりIー526申請が承認された後、アメリカ永住者となる資格を得ます。永住権は次のいずれかの方法で獲得できます:

  1. EB−5投資家が、すでにアメリカに合法的に居住している場合、I—485フォームにて、条件付き永住者となることができます。

  2. 投資家がアメリカに合法的に居住してない場合、移民ビザ DS—230フォームをナショナルビザセンターに提出し、自国のアメリカ領事館か大使館で手続きをしなければなりません。

どちらの方法でも、通常、移民弁護士のサポートが必要で、移民ビザ発行には、平均、6カ月から12カ月かかります。この条件付き永住権を保持している2年間の間、投資家は現実にアメリカ国内にいることが必要であり、再入国許可なしに、1年以上アメリカ国外に滞在することはできません。permit.

第4段階: 無条件永住権とI−829請願

File Form I-829

EB−5ビザ段階の最終段階は、2年の条件付きを取り除き、無条件永住者となることです。I−829請願は、条件付き市民権を、最初に受け取てから1年後の日付から数えて90日前に、USCIS に出願されます。この申請では、EB−5ビザプログラムの全ての必須要件を、投資家が満たしていなければなりません。USCISはI—829が提出された後、6ヶ月から8ヶ月の間にグリーンカードを発行します。そして、投資家とその配偶者、21歳未満の未婚の子供は、永続的にアメリカに居住し、労働することができます。また、最初の条件付き永住権を受け取った日付から5年経過すると、アメリカ市民になる選択肢も用意されています。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。