+1-800-997-1228
EB-5の基礎

I-526必須条件

ジェン・ハーマンスキー

EB-5ビザプログラムを通じてグリーンカードを希望する投資家にとって、まずその第一段階はプロジェクトを選択し、投資を始めます。EB-5ビザを取得するために、また市民権とグリーンカードへと繋がる道のりを歩き始めるために、外国人起業家のための移民請願書I-526フォームと共に米国移民局(USCIS)が必須とする条件を支える証明資料を申請しなくてはいけません。 USCISは以下の基準に基づいて検討し、I-526を査定、裁定します:

the requirements of an eb-5 visa

  1. 新たな商業企業にて投資を創出する

    EB-5投資家として、その投資が新たな商業企業にて創出されたという証明をしなければなりません。新たな商業企業(NCE)とは、1990年11月29日以降に設立された営利目的の事業を指し、さらに合弁企業(一般、有限に限らず)、ジョイントベンチャー、個人事業、ホールディングカンパニー、信託業、企業、私的または公的に所有されているその他の事業体を含むがこれらに限らない既存の合法事業の運営のために形成されているものを指します。この定義は、ホールディングカンパニー、およびその完全な子会社から構成される商業企業を含み(個人の居住を運営所有、運営するといった非営利目的の活動を含みません)、それぞれが合法的な事業行為を行うために構成された営利行為に関与することを条件とします。地域センターでは、新たな商業企業は外国人が投資する資金を意味します。通常、その資金によって合資または有限責任企業を構成します。直接的非地域センターにおいては、新たな商業団体とは、アメリカ人労働者のために雇用を創出する、また外国人が投資している事業を意味します。

  2. 2.投資に必要な資本総計

    EB-5申請は、その申請者が最低要求資本額を投資しているとする資料によって証明されなくてはいけません。地域センターと直接投資では、そのプロジェクト、またはNEC各々が雇用創出ターゲットエリア内(TEA)にある場合、少なくとも最低500,000米ドルの投資額を必要とします。プロジェクトまたはNCEが雇用創出ターゲットエリア外にある場合、少なくともその投資額は1万米ドルとなります。

    USCISはその資金が間違いなく企業に投資をされる事を前提としています。その資金はリスクを負うものあり、また雇用創出を目的とし新たな商業企業に使用されなくてはいけません

  3. 合法な資本源

    EB-5投資に利用する資金は、合法に獲得されなければいけません。投資家は500,000米ドル、または1,000,000米ドルの投資の資金源を提示する必要があり、そして外国人投資家によって新たな商業企業への投入された資金の追跡も必要となってきます。一般的な資金源としては、給与収入、事業の配当、または投資、所有物の売却、投資家の所有する個人資産の担保、または第三者からの贈与などが該当します。投資家が資金源として贈与を受け取る場合、その贈与人は最終的に投資となるその資金を最初から最後まで追跡しなければなりません。投資者が州外にいる間にアメリカ国内で取得された資金は合法的に得られたものとみなされる事はありません。

  4. 4.新たな商業企業への積極的な関与

    投資家は、事業方針と企業を構成する上で援助する事により、または毎日の管理を通じて新たな商業企業の管理に関与することが期待されています。投資家は、この投資に関して全くの受け身の姿勢でいることができず、積極的に事業に参加する必要があります。

    地域センターでは、合資企業として構成されているEB-5企業に関与する投資家は、合資企業に関する法律の下、通常は有限共同出資における義務と権利を有しています。有限責任企業にも同様が適用されます。このレベルの事業関与がEB-5の目的としては十分と考えられています。直接投資では、投資家は事業全体に渡って投票の管理を指揮、または取締役の会員として活動する事により、ビジネスの方針構成や企業の管理が可能です。

  5. 雇用創出

    このような新たな商業企業は、各EB-5投資家のために適格な従業員の10件の雇用枠を準備しなくてはいけません。直接投資では、その10件は正規雇用 (週35 時間以上)、永住者、また新たな商業企業に関わるW-2(正規の納税者)従業員でなければいけません。この定義は、EB-5投資家、EB-5投資家の家族(配偶者と21未満の子供)、またはその他の非移民の外国人は含まれていません。I-526申請時、これらの雇用枠が準備されていない場合その総合事業計画は、雇用枠の創出、およびその雇用枠に対する採用予定を示す雇用計画を含まなければいけません。

    地域センターでは、新たな商業団体が法的雇用形成必須条件と合致することを示すために、その投資が直接的に、または間接的に地域センタープロジェクトにより生み出された収入を通じて10件の正規雇用枠を創出することを提示する必要があります。EB-5の投資資本を介して創出された間接的雇用数は、時魚計画と詳細な経済分析に基づき算出されます。EB-5申請には経済分析形式の証拠を必ず加え、プロジェクトに関与している各投資家のために、10件の間接的雇用が成される旨を提示しなくてはいけません。

  6. 申請結果

    こういった必須条件に合致すると、I-526申請は認定されると考えて問題ありません。投資家とその家族が外国にいる場合、彼らは在外米国大使館にて移民ビザを申請できます。EB-5ビザを元にアメリカへ入国すると、アメリカの条件付き永住者となります。投資家とその家族が既に在米している場合、条件付き永住者としてのステータス変更を行う事が可能です。条件付き永住権は2年間与えられ、その2年後、投資家とその家族はステータスを無条件のものに変更するためI-829を申請する必要があります。条件付き永住権の間は、その投資家は新たな商業企業、投資が維持され、10件の雇用創出を実現させていなければいけません。

    お客様のコメントを追加する

    フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。