+1-800-997-1228
EB-5の基礎

EB−5ビザ必要要件

外国人投資家は、EB−5ビザプログラムの永住権を得るために米国市民権移民業務局(USCIS)の必須要件を満たさなければなりません。通常、投資家は資本投資額、雇用の生成といった要件を満たさなければならず、ビジネスがEB-5プログラムの資格に適した投資を得ているか確認しなければなりません。EB−5 ビザ申請者とその配偶者、21歳未満の子供は、あらゆる必須要件を満たし、USCISが認めれば、永住権グリーンカードを取得できます。

EB-5投資に必要な合計額

EB−5ビザ申請者は、通常、500,000 ドルか100万ドルの資本投資をアメリカの商業企業に投資することが必要です。EB−5投資は、現金、棚卸資産、設備費、保証付債券、有形固定資産、または現金と同様なものであり、アメリカドルでの公正な市場価格に基づいて 評価されます。

EB−5ビザプログラムの最低資本合計が、100万ドルから500,000万ドルに減少となる場合がありますが、それは投資が、ターゲットの雇用エリア(TEA)の商業企業に行われる場合です。。EB−5プロジェクトで、TEAの資格を満たすためには、僻地か失業率が高い地域でなければなりません。

失業率の高い場所とは、EB−5投資時に、失業率が最低150%の地域です。僻地は地理的に郊外であり、20,000人以上の人口の町です。アメリカ合衆国行政管理予算局が都市の人口と比較して、そうした地域を指定しています。

EB−5の雇用生成の必須要件

USCISは、EB-5投資で、アメリカの労働者にとって10の正規雇用を生み出すことを求めています。これらの職は、投資家が条件付き永住権を受け取った後、2年間の間で生成されなければなりません。場合によては、投資家は、彼らの投資が、投資を受けた商業企業内で直接働く従業員とって、直接雇用につながったことを証明できなければなりません。しかし、EB-5投資家は、投資が行われた場所が地域センターの場合、10の直接または間接的な正規雇用が生成されたことを示すだけでよいこともあります。間接的な職とは、EB−5プロジェクトにサービスまたは製品を提供するビジネスの中で発生した仕事のことです。誘発された職とは、EB-5プロジェクト従業員が給与を消費した結果として、より大きなコミュニティ内に発生した仕事のことです。

EB−5ビジネス団体

EB−5ビザ申請者が投資することができる商業団体には、複数の種類があります。通常、申請者は、新設商業企業または地域センターで直接投資を行うことができます。新設商業団体は合法的営利目的の団体で、多種多様なビジネス構造の一角を成しています。そのようなビジネス構造とは、法人、有限または無限責任、個人事業主、信託事業、その他の私的または公共のビジネス構造のことです。全ての新設商業企業は、1990年11月29日以降に設立されたものでなければなりません。

しかし、古い商業企業も、従業員の数または自己資本の上昇が40パーセントを達成、または古いビジネスが再編成され新たな商業企業となった場合(には)、資格を得ることがあります。個人ビジネス企業に加え、EB−5ビザ申請者は、EB−5地域センターでも投資できます。投資家はEB−5プロジェクトを独自で創るがないため、地域で経営されるプロジェクトに投資する投資家には利点があります。

EB−5ビザ必要要件の概要

  • 100万ドルの資本投資、TEAへの500,000ドル
  • 投資は、アメリカの営利目的の商業団体で行われなければなりません
  • 投資は、2年間で10の正規雇用を生み出さなければなりません

EB−5ビザ必須要件を  もっと知りたい とお思いでしょうか? 寄稿者による以下の関連記事をお読み下さい:

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。