+1-800-997-1228
EB5 Investors

EB−5ビザの基礎

EB−5ビザ概要

EB−5ビザは、外国人がアメリカのビジネスに投資する場合、アメリカに移民できるビザです。米市民権移民業務局が、EB−5移民投資家プログラムを管轄しています。投資移民ビザとしても知られるEB−5ビザは、移民ビザです。これは、EB−5ビザ保有者がグリーンカードを取得し、アメリカで永続的に居住、労働することを意味します。EB−5ビザ保有者は、アメリカに配偶者と21歳以下の未婚の子供を連れて来れます。USCISによって、近年、EB−5投資家プログラムの透明性が向上したため、プログラムの申請者が増加しました。EB−5プログラムの歴史、必須要件、EB−5の段階、地域センター、永住権、アメリカ市民権については以下を閲覧してください。

EB−5の歴史

EB−5ビザプログラムは、1990年にアメリカ議会により成立されました。1990年移民法によって、外国投資を通してアメリカ経済を促進させるプログラムが設立されました。1993年、議会は移民投資パイロットプログラムを創設し、そこでUSCISがEB−5地域センターを指名できるようになり、EB−5プログラムの利益が増加しました。議会とUSCISは、不正の削除、申請調整の標準化、申請プロセスの増加、多くの職員をプログラムに従事させることを目的としたことで、EB−5の改革が促進しました。これらの改革により、近年、EB−5の参加者数が劇的に増加しました。

EB−5必須要件

外国投資家がEB−5ビザを取得するにあたり、満たさなければならない必須要件があります。投資家は、アメリカのビジネスに資本投資をしなければなりません。必要な投資額は通常、500,000ドルか100万ドルであり、投資するビジネスの地域によります。投資額に関わらず、EB−5投資では、2年間で最低10の正規雇用を生み出さなければなりません。EB−5投資はまた、承認済ビジネス団体内で行われなければなりません。承認済ビジネス団体には、利潤追求型ビジネスが含まれ、多くのビジネス構造の一角を成しています。EB−5ビザ申請者はまた、EB−5投資プロジェクトを監視する地域センター内で投資できます。

EB−5の段階

EB−5ビザ申請プロセスには、主に4段階あります。第一に、申請者が投資したいビジネス団体は、アメリカに存在していなければなりません。第二に、申請者は、選択したビジネスにおいて、資本投資を必要とし、I—526請願を申請しなければなりません。第三に、申請者は、条件付き永住権を取得しなければなりません。これにより、投資家はアメリカに移住でき、2年間、投資行為が監視されます。申請者は次のいずれかの請願が承認されたのち、2年間の条件付き永住権が付与されます。投資家がすでにアメリカ国内にいる場合のI—526申請、または、投資家がアメリカ国外にいる場合のDS−230申請です。最後に、申請者は2年後、I—829申請を提出し、EB−5プログラムの必須要件を満たすことを証明しなければいけません。I—829申請が承認されると、EB−5投資家には無条件の永住権が与えられます。

EB−5地域センター

EB−5ビザ申請には、2つの投資オプションがあります。EB−5申請者は、投資できるため、投資を促進できます。)個人として投資を促進するか、あるいはEB-5地域センターを通して投資ができます。個人として投資する場合、投資するプロジェクトを探さなければいけません。そうした投資家は、投資プロジェクトを監視する管理役を直接自分で行う必要があります。EB−5申請者はまた、EB−5地域センターを通して投資できます。EB−5地域センターには、EB−5投資プロジェクトを管理するUSCISがあります。地域センターを通したEB−5投資には、いくつか利点があります。地域センターは、EB−5雇用生成必須要件に柔軟に対応し、魅力的な投資家を大勢惹き付け、巨額の投資資金を共同出資できます。地域センターはまた、USCISの規則に積極的に従わなければならず、ガイドラインを満たすために独りで責任を負わなければならない投資家の緊張を軽減しています。地域センターによって、投資家は比較的自由にEB−5プログラムにアプローチでき、干渉されるようなことはあまりありません。およそ90パーセントの申請者は、地域センターを通して投資しています。

アメリカ永住権

I—829申請の受理をもって、EB−5ビザプログラムを完了した移民は、アメリカの合法の永住者となります。永住者には、グリーンカードが与えられ、アメリカで永続的に居住し、労働することができます。永住者は、ビザなく旅行し、雇用者の財政援助なしにアメリカで働くことができます。永住権は、EB−5の投資家、その配偶者、21歳以下の未婚の子供に与えられます。

アメリカ市民権

EB−5投資家には、EB−5プログラムを完了した後、アメリカ市民になる機会が与えられます。アメリカ市民になるために、EB−5ビザ保有者はまず、最低5年間、永住者となる必要があります。続いて、EB−5ビザ保有者は、帰化の手続きを受けて、アメリカ市民になることができます。市民には、連邦、州および地方選挙に参加できる選挙権が与えられます。アメリカ市民にとっては、外国の家族に資金援助することも容易くできます。市民はまた、政府の福利厚生制度の資格があります。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。