+1-800-997-1228

ケイト・カルミコフ は、EB-5ビザのコミュニティにおいて、最も認識され、尊敬される移民専門弁護士の一人です。ケイトは、様々な非移民関係や雇用ベースビザに関する案件についてクライアントを代表していますが、EB-5移民ビザの案件に多くの時間を費やしています。10年に渡るEB-5移民に関する経験を持つケイトは、移民投資家、地域センター、プロジェクト開発者、企業弁護士、未公開株式投資会社、その他のEB-5ビザプログラムに関する業務に携わっている関係者と共にお仕事をしています。ケイトの業界における多くのコネクションとEB-5に関する豊富な知識は、他のEB-5移民弁護士の中でも際立っています。

ケイトは、EB-5移民投資家プログラムの全ての段階において、定期的にクライアントとの法律相談を行います。これには、EB-5ビザを取得する希望者がグリーンカードを取得できるように、全ての段階においてガイダンスを行うことを含みます。彼女は、EB-5ビザ申請者の投資について助言し、I-829の条件を外すのに当たって直面する問題を解決します。ケイトは、EB−5地域センターを定期的に支援しています。彼女は、地域センターのUSCISのコンプライアンスの維持、条件を外す問題解決、申請準備、既存プロジェクトの採用の支援を行い、新たな地域センターの設置を統括しています。ケイトの目標は、クライアントのEB-5申請手続をより簡単にすることでEB-5プログラムを効率化することです。

ケイトは、法律と国際関係を学んできました。彼女は、アメリカン大学で国際関係学の学士号をトップの成績で取得しました。彼女は、アメリカン大学で国際関係学の修士号および法務博士号を取得しました。ケイトは英語とロシア語が流暢であり、国際的なクライアントを代表するのに役立っています。ロースクール終了後、ケイトはニュージャージー、ニューヨーク、ならびにニュージャージー連邦地裁において法務を行うことが認められました。

ケイトは移民法コミュニティーの中で多くの活動を行っています。 アメリカ法曹協会の会員であるケイトは、行政法部門の移民委員会の委員長、国際法の移民及び帰化部門の分科委員会の副委員長、および訴訟部門の移民訴訟委員会のプログラム委員長です。彼女は、2008年にニューヨークの委員長として務めた米国移民法弁護士協会の活発な会員です。ケイトは、国際医学卒業生部隊の委員会委員経験を持ち、2009年から2011年までにニューヨーク米国移民局地区長連絡委員会委員でした。ケイトは、定期的に国内移民会議やセミナーで講演を行い、弁護士仲間の指導を行っています。彼女は、多くの移民法の論文の著者でもあり、EB-5ビザプログラムに関するブログを執筆しています

認定済EB-5 の投資家

現時点では November 4, 2015
  • EB5Investors.comは、 BeenVerified.comで犯罪履歴を発見しませんでした。
  • 優良弁護士会会員として活躍している