+1-800-997-1228
EB-5ビザのブログ

EB-5ビザ申請時、保留される場合がありますか?

Kate Kalmykov

1年間に有効とされる14万就労移民ビザの内、1万はEB-5投資ビザとなります。この1万ビザは投資家だけに発給されるものだと思われていますが、実際には、その投資家と一緒に申請されたご家族にも発給されています。

この1万EB-5ビザの内、3千ビザはUSCIS地域センターへ特別投資される方に限定されています。また別の方法として、“Targeted Employment Area” (雇用創出ターゲットエリア内、略してTEA)へ50万ドル以上投資する方を限定としたEB-5ビザもあります。こちらのTEAも同様に3千ビザと限定されています。勿論、これらの他にもビザの取得が可能です。

近年、EB-5ビザの需要が爆発的に増えています。2011年には、3463件のEB-5移民ビザが発給されました。 アメリカ合衆国国務省の発表によると、2012年3月までに当年の移民ビザは、2405件発給されました。これまでの5年間にEB-5ビザを取得した半分以上の方は中国国籍ですが、韓国、イギリス、台湾、イランなどからの申請者も多いです。

EB-5プログラムは外国人投資家にとって便利であることから、近年では、1年間に1万ビザの限界に達する可能性が出てきました。そうなった時、人数制限されたEB-5投資家の申請は保留され、審査やステータスの適応を待つことになってしまいます。全ての就労移民ビザと同様に、各国が一年の移民ビザの7%以上を占めてはいけないという基準があります。しかし、主要なEB-5申請者である中国人投資家からの急速な需要に合わせ、EB-2とEB-3と同じように、各国特定バックログも必要だということになりました。多くの投資家は、米議会がEB-5地域センターパイロットプログラム(EB-5 Regional Center Pilot Program)を改正されることを望んでいる状況です。

お客様のコメントを追加する

フェイスブックの 利用規約 及び プライバシー・ポリシー に沿って、フェイスブックのアカウントを使ってコメントをする。あなた様のフェイスブック名、写真 & その他フェイスブック上で公開している個人情報があなた様のコメントと共に載ります。